calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

ヘイトフル・エイト



脚本流出、ヘソを曲げたりして一時はどうなるかと思ったタランティーノの新作は、3時間の密室劇!
観る前は「会話劇っていうし、やっぱり英語力がないと辛いのかな〜」なんて思った時期もありましたが、心配無用!圧倒されっぱなしの3時間!(確かに長い)が、しかし、事の真相がドンドン解明していく様はドキドキワクワクがとまらないいつものタランティーノ節。
配役もお馴染みの人から、お久しぶりのジェイファー・ジェイソン・リーがあっぱれの快演で、アカデミーも音楽賞以外に主演女優賞も獲ってほしかった…

何故のR18+ですが、これ観て休み時間に騒げない中学生は可哀想…

それにしても、マイケル・マドセンって変わった人ですね。

JUGEMテーマ:映画

ロックドキュメンタリー映画祭 予約開始!

ロックドキュメンタリー映画祭

尾崎テロル名義で参加させていただきました!依頼時に他の執筆陣知らなかったので、出来上がってビックリ!恐縮です。

以下、抜粋

今月頭にリリース情報を発表して盛り上がってきたMOBSPROOF EX『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』。予約も少し遅れてスタートしました。もちろんいつものレコード店や、今までMOBSPROOFの取扱のなかった全国の書店でもご予約・ご購入可能です。現在、予約フォーマットのあるサイトは下記の通り。予約数の動きが良いと後に繋がるので何とぞよろしくお願いしまーす!!

TOWER RECORDS

HMV

disk union

amazon

レコードショップBASE

MCR COMPANY

過剰なほど情報を詰め込み過ぎている渾身の一冊! 詳細は下記。
「ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー映画大全」
ロックドキュメンタリー映画を最狂執筆陣がメッタ斬る!!

パンク専門誌『MOBSPROOF』の新ライン「MOBSPROOF EX」が誕生。その第1弾がロックドキュメンタリー映画に焦点を当てた「ロックドキュメンタリー映画祭」!!
今年はイギリスで巨大なドキュメンタリー映画祭「DOC’n ROLL FESTIVAL」も開催され、国内でも「ザ・デクライン」をはじめ、年末まで数々の大型タイトルの公開が予定されている。本書ではいやが上にも盛り上がるミュージシャンのエモーショナル極まりない人生に迫ったロックドキュメンタリー映画のオールドスクールな作品から、上映前の最新作まで国内外合わせて極上の250作品以上を紹介!
レコードショップのスタッフが作品を紹介する「このドキュメントを喰らえ!」や、ミュージシャンのフェバリット作品について語ってもらうインタビュー「このドキュメントにやられた!」、ベッド・インの激マブ音楽ドキュメンタリー、パンクの歴史を記録し続けたターゲットビデオ、ゴス/デスロック/ポジパン映像入門、「新耳袋殴り込み!」のギンティ小林による超ロング音楽心霊ドキュメントコラムなど衝撃のコラムも充実!!

[インタビュー]
テンテンコ(ex BiS)/JOJO広重(非常階段)/津田紀昭(KEMURI)/日高央(THE STARBEMS)/TAISEI(SA)/景山潤一郎(THE PRISONER)

[執筆者一覧 (50音順)]
市川力夫/植地毅/尾崎テロル(TERROR FACTORY)/大坪ケムタ/お髭のマツオカ/ギンティ小林/国広克典(マーベリック・キッチン)/行川和彦/平田裕介/ベッド・イン/松田義人(deco)/松原弘一良(MOBSPROOF)/三澤藏六(切腹ピストルズ)/ヤマダナオヒロ(†13th Moon†)/ロビン前田(赤犬/男の墓場プロ) 

判型:A5判・176ページ
予価:1,500円(税別)
発行:出版ワークス 
発売:河出書房新社
ISBN:978-4-309-92082-5 C0074

[ロックドキュメンタリー映画祭特設サイト]

スナッチャーズ・フィーバー −喰われた町−



未体験ゾーンの映画たち
何の事前情報もなしに観に行ったら、POVでした…
傑作POVの「ヴィジット」と比べてしまうのはよくないですが、60分くらいでよかったな〜と。
邦題は100点!(原題:THERE ARE MONSTERS)



元の短編、こちらの方が「何かよく分からないうちに皆がヘンになっていく」雰囲気が出てると思います。
非POVでのリメイク希望!

JUGEMテーマ:映画

パディントン



単なる子供向けの絵本の映画化と思いきや、「容姿が違うだけで共存できない」モノが色んな危機を乗り越えて、「色んなヒトがいるんだよ」と締めくくる大変感動的なお話でした。
ニコール・キッドマンに「ミッション・インポッシブル」パロディをやらせるところも好きです。但し、ニコール・キッドマンの吹き替えは…
それに引き替え、古田新太さんの父親役!クレジット出るまで伊武雅刀さんかと思ってました。

JUGEMテーマ:映画

「V-ZONE〜廃盤、絶版ビデオ祭り」〜成人指定暴力特集 hatefull 18 under〜

「V-ZONE〜廃盤、絶版ビデオ祭り」〜成人指定暴力特集 hatefull 18 under〜

2016年2月27日(土)全国ロードショー「ヘイトフル・エイト」公開記念

2016年3月1日(火)
OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥1,500 / 当日¥1,800(共に1オーダー必須(¥500以上))
前売券はイープラス&電話予約にて近日発売開始
※ご入場はイープラス→店頭電話予約→当日の順となります。
電話予約→ 06-6211-5592(16時〜24時)

普段、日の目を見ないお宝秘蔵ビデオを見ながら貴重な体験をを掘り起こす関西発のトークイベント
街で見かける、VHSのワゴンセールや潰れかけたレンタルビデオ店を渡り歩くツワモノ達がお届けします!
最高の夜を皆様にお届けします!
映画ファン!秘蔵映像好きにはたまらない1日となる事間違いなし!!

【出演】
UE神(ハイスピードプロパガンダ、 TheSWAG )
ロビ前田(赤犬、マントルゴッド、男の墓場プロ etc.)
尾崎テロル(テロファクトリー、ざxこxば)
小林タクオ(ロフトプラスワン・ウエスト)

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/42573

今回は「ヘイトフル・エイト」公開記念です!
R18+?嫌な世の中になりました。18未満の皆さんも来て下さい!!(※イベントは18禁ではありません。)

JUGEMテーマ:映画

THE TERROR FACTORY MASSACRE

THE TERROR FACTORY MASSACRE

THE TERROR FACTORY MASSACRE

2016年4月10日(日)@ロフトプラスワン・ウエスト
カルト、アクション、SF、ホラー、カンフー、コメディ、啓蒙、How to ビデオ etc...
普段、日の目を見ないお宝秘蔵ビデオを見ながら貴重な体験をを掘り起こす関西発のトークイベント、その名も「V-ZONE〜廃盤、絶版ビデオ祭り〜」。
街で見かける、VHSのワゴンセールや潰れかけたレンタルビデオ店を渡り歩くツワモノ達が、どうでもいい情報から学校や職場で使える豆知識まで包み隠さ ず最高の夜を皆様にお届けします!
今回は"テロファクトリー10周年スペシャル"!ゲストに植地 毅 氏を迎え「絶滅危惧ビデオ」を総ざらい!!
その他、アングラTシャツ、デス・オモチャについても検証していただく予定です。植地 毅デザインの記念Tシャツも先行販売します!
see you again next sunday

open 18:00 / start 19:00
前売 2,000円 / 当日 2,500円(ともに1drink(500円以上)のオーダー必須)

【ゲスト】
植地 毅(フリーランス売文家・Tシャツ作家)

【出演】
UE神(裏・映画斡旋所、The SWAG)
ロビ前田(赤犬、マントルゴッド、男の墓場プロ etc.)
尾崎テロル(テロファクトリー、ざxこxば)
小林タクオ(ロフトプラスワンウエスト)

THE TERROR FACTORY MASSACRE 10周年特設サイト
特典付き限定前売チケット
イープラス


おかげさまで10周年!

年明けて、いきなり映画館に行けていないという事態が発生しておりますが、テロファクトリーは今年で10周年。
お店畳んでしまってからも随分経ちますし、V-ZONEの方もおかげさまで毎月開催ということで、4月上旬にイベントも企画しております。
大好評だった映画秘宝ライター陣をお迎えしての「80年代 悪趣味ビデオ学」みたいに、V-ZONEの拡大版にやる予定ですが、今回もゲストを迎えての開催になる予定です。ただ、せっかくテロファクトリーの10周年なので、ビデオ、映像以外にもTシャツやグッズ、デザインのことも話して頂けたらと交渉中です!
テロファクトリー、Tシャツを作るというきっかけになったお方なので、感無量。詳細、間もなく発表できると思います。
勿論、記念Tシャツも作ります。イベント、その他の情報は、10周年特設サイトで随時更新していきます。
よろしくお願いいたします!!

テロファクトリー10周年特設サイト


また、前日、杉作J太郎さんのイベント「 Jさん&豪さんの世相を斬る!」を見に行った時、現在爆走中の「杉作J太郎のジャスティス映画学園」の話(主にダンガードA)で盛り上がり、ナヨナヨした野郎どもから映画を取り返せ!とうことで、テロファクトリーから「ジャスティス映画学園」Tシャツがリリース決定です!

また今年も「東京スクリーム・クイーン映画祭」もありますし、その語も面白い企画、イベントが目白押しですので、テロファクトリー共々よろしくおねがいいたします。

あー、映画観に行きたい…

イット・フォローズ



「とにかく恐い!こんな設定のホラーは観たことがない!」(クエンティン・タランティーノ監督)

かなり以前から課外では話題になっていた「it Follows」が目出度く公開!タイトルも「イット・フォローズ」とそのままで変な邦題付けられなくて良かった…
主演は「ザ・ゲスト」のお姉ちゃん、マイカ・モンロー。役柄もあるでしょうが、スタイルとかまだ洗練されていないところがいいと思います。
新感覚とは言い得て妙、観終わったあと不思議な感覚を覚えます。彼等が住んでいる街の設定も丁度いい具合で、移動距離とか行動範囲も「らしく」て重要です。
話題になっている「あるルール」は物語冒頭で説明されるので、ネタばれも何もないのですが、確かに「この発想はなかった」考えれば非常に恐ろしいルール。
クライマックスも昔のバトルホラーっぽく、エンディングは…
決して後味は悪くありません。むしろ何度も観て確認したくなるような作品です。

特筆すべきはサントラ!まるでカーペンター・サウンドをゴブリンがミックスしたようなスコアが全編最高です。

テロファクトリーから、タイアップTシャツもリリース!
いつもと違って、映画が公開されてからの方が反響が大きいです!!

イット・フォローズ
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=97071377

it follows
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=97071378

JUGEMテーマ:映画

新年明けましておめでとう御座います!

2016

新年明けましておめでとう御座います!

メルマガ等では、お知らせいたしましたが、テロファクトリーは今年で10周年(サイトを立ち上げて)
これもひとえに皆様方のおかげであります。

せっかくですので、記念Tシャツは勿論、イベント等も考えておりますので、今年もテロファクトリーをよろしくお願いいたします!

twitter
facebook
tumblr
instagram


ザ・ベストテン

去年は大作の当たり年!どうしても無難なラインナップになってしまいますが、こればっかりはどうしようもないですね。特にマッドマックスが公開された6月以降は、結局年末まで時間があればマッドマックスを観に行ってしまいました。

  1. マッドマックス 怒りのデス・ロード
  2. 悪魔のいけにえ 公開40周年記念版
  3. キングスマン
  4. グリーン・インフェルノ
  5. ヴィジット
  6. クリード チャンプを継ぐ男
  7. ジュラシック・ワールド
  8. インサイド・ヘッド
  9. スター・ウォーズ フォースの覚醒
  10. ゾンビ・ガール
  11. 龍三と七人の子分たち

番外編:スパイダー・ベイビー(カナザワ映画祭)

JUGEMテーマ:映画

<< | 2/102PAGES | >>