calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)

sharon tate

【この投稿はネタバレを含みます。】

クエンティン・タランティーノ監督の9作目にあたる新作が、「シャロン・テート殺人事件、マンソン・ファミリーを題材にしたもの」というニュースが入ってきたのが2017年だったでしょうか。この時は小躍りしました。だって、勝手に期待を込めてタランティーノが『ワイルド・パーティー』みたいな映画を撮ってくれるものとばかり思いこんでしまっていたからです。これまでにチャールズ・マンソンに関する映画は何本も作られてきましたが、B級サスペンスに留まり、満足できるものは少なく、アメリカのテレビ番組『へルター・スケルター』(日本では、前編・後編トータル3時間超(!)のものを90分に編集して劇場公開したもの)が、唯一納得できる作品でした。その『へルター・スケルター』も日本公開版は、事件そのものよりも事件後の法廷でのやりとりまで描かれており(初見の時はしそれが強烈でした。)ようやく納得できるマンソン映画が完成する! と勝手に期待していたのです。

当初から飛配役にレオナルド・ディカプリオの名前は挙がってもり、これも『ジャンゴ 繋がれざる者』で悪徳カルビン・キャンディを演じた経緯から、てっきりマンソン役と思い込み「悪くないんじゃない?」と勝手に夢想していました。時間が経つにつれ「ブラット・ピットにもオファーしたらしい」とか「当時のハリウッド界を描いた作品らしい」「ブルース・リーも出るらしい」とかの続報が入り、どうやら「シャロン・テート殺人事件」をそのままやるわけではないということが分かってきました。しかし、IMDBのクレジットには、スーザン・アトキンス、テックスをはじめマンソン・ファミリーの名前がある! これは、8月9日の夜に起こったことをタランティーノがどう描くのか、というのが最大の関心事になりました。
『ジャンゴ』で黒人奴隷の逆襲、『イングロリアス・バスターズ』でヒトラー殺害という「映画のなかでは歴史改変も許される」といった前歴から、最後はブルース・リーがマンソン・ファミリーをカンフーでやっつけるんじゃないか、というあり得なくもない予想もあがっていましたが、最終的には落ちぶれた役者とスタントマンを中心にハリウッドの光を影を描く、そんな作品になると伝えられましたが、例えどんな作品になろうと楽しみで仕方ありませんでした。監督の作品でいえば、『キル・ビル』よりも『ジャッキー・ブラウン』に近い、そんな感じでしょうか。

次第に予告編なども公開され、一瞬ですがマンソンも映る、スパーン映画牧場らしき場所も映る、この夜のシーンで車が停車いてるのはポランスキー邸?などと予想するのが楽しい時間が過ぎ、公開まで待ち遠しいばかりでした。カンヌでも上映でも概ね好評のようで、何とシャロン・テートの遺族、デブラ・テートも観たうえで納得したというニュースも入ってきました。タランティーノ監督自ら「ネタバレ禁止」令も出て、益々展開が気になります。
僕といえば、たとえ映画のなかで「シャロン・テート殺人事件」がどう扱われていようと、エド・サンダースの「ファミリー シャロン・テート殺人事件」を再読。(後に『マンソン・セズ/マンソンの女たち』の原作と知って吃驚!)シャロン・テート出演作品『哀愁の花びら』『ロマン・ポランスキーの吸血鬼』『サイレンサー/破壊部隊』、事件に関連した『シャロン・テート殺人事件』『へルター・スケルター』を観直し、おさらいして公開を待つことにしました。タランティーノ監督作品ということもあって、国内でも宣伝・キャンペーンも盛大に行われました。

そして、いよいよ8月30日の公開初日が訪れました。SNSなどで散々煽っておいて、初日に観ることは叶いませんでしたが、すぐに鑑賞。これが…

JUGEMテーマ:映画


【バレンタイン】ギフトに!特製『血のバレンタイン』タグ

血のバレンタイン

特製『血のバレンタイン』タグをご用意しました。バレンタインの贈り物に是非!

JUGEMテーマ:アート・デザイン


Dead and Buried & Terror Factory 頒布会 in OSAKA 「CHOPPING MALL」

CHOPPING MALL

CHOPPING MALL
Dead and Buried & Terror Factory 頒布会 in OSAKA
2019.2.9 (sat) - 11(sun) @SAA Space

出展:
Dead and Buried / Terror Factory / 猿人レコード

入場無料

「自分が着たいデザインのTシャツだけを作るレーベル」というスタイルで2017年に始動した植地 毅(Tシャツ作家、売文家)の新ブランドDead and Buriedと、ホラー、カルト、アクション映画を中心にマニアックな映画Tシャツを展開し続けるTerror Factory(テロファクトリー)の合同頒布会が、遂に大阪で実現!
開催期間中は、Tシャツ、パーカー、キャップ等のウェアは勿論、争奪必至のVHSや古本の販売のほか、ここでしか買えない(ネットにはとてもアップできない!拡散厳禁!)激レア限定商品も登場予定。
アパッチ(男の墓場プロ)が海外買付けしてきた、猿人レコード(Engine Record)の貴重な音源の販売もあります。

※3日間とも開催時間が異なります。お間違いのないようお越しください。

https://10.terrorfactory.net/

JUGEMテーマ:アート・デザイン


#2018年映画ベスト10

「自腹」「劇場鑑賞」だけが基準です。
『恐怖の報酬』『ゼイリブ』『遊星からの物体X』等のリバイバル上映は最高の劇場体験でしたが入れてません。

1.ブリグズビー・ベア
2.マンディ 地獄のロード・ウォリアー
3.スリービルボード
4.タクシー運転手 約束は海を越えて
5.1987、ある闘いの真実
6.アンダー・ザ・シルバーレイク
7.パディントン2
8.デッドプール2
9.ボヘミアン・ラプソディ
10.グレイテスト・ショーマン

JUGEMテーマ:映画


この夏、日本を熱くした映画Tシャツ 2018

2018年も映画は面白いですね!この夏、タイアップした映画Tシャツです。

スパイナル・タップ
スパイナル・タップ(半袖)

スパイナル・タップ
スパイナル・タップ(ラグラン)

インサイド
インサイド

ゴースト・ストーリーズ
ゴースト・ストーリーズ

ウインド・リバー
ウインド・リバー

ワイルド・ブレイブ
ワイルド・ブレイブ

コールド・スキン
コールド・スキン


JUGEMテーマ:映画


RETURN OF THE LIVING 在庫

一部、セール品の在庫を更新しました!この機会に是非!

Milwaukee Cannibal(B品)
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=18621839

ANVIL(ラグラン)
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=17475656

ANVIL
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=17475623

Sweeney Todd(ブラッド・サースティー・ブッチャーズ)
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=18622266

ガルシアの首
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=17269814

THE SIMPSON(O・J・シンプソン)
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=17269537

ビッグ・バグズ・パニック
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=17269731

DOOMSDAY(A)ドゥームズデイ
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=15878294

DOOMSDAY(B)ドゥームズデイ
http://visurama.shop-pro.jp/?pid=15878307



JUGEMテーマ:映画




ザ・ベストテン(2017)

思えば、年明け、京都みなみ会館での「北野武監督オールナイト上映」にはじまり、V-ZONE洋画劇場に、カナザワ映画祭(京都みなみ会館)と素晴らしい劇場体験の数々でした。

もう『ゾンビ』『悪魔のいけにえ』等、リバイバル/再上映とNetflixはキリがないので入れていません。「自腹で劇場鑑賞」のみの中からベストテン!(忖度ナシ)

10本となると、どうしても無難になってしまいますね。今年も映画は大当たり!『ネオン・デーモン』『哭声/コクソン』『グリーンルーム』『スパイダーマン』『全員死刑』すらランクインできないという充実ぶり!ちなみに『ブレードランナー2049』も『エンドレスポエトリー』も未だ観れてません…

勿論、『ツイン・ピークス the return』『ストレンジャー・シングス2』は殿堂入りです!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
パーティーで女の子に話しかけるには
アウトレイジ 最終章
ベイビードライバー
ザ・コンサルタント
ラ・ラ・ランド
皆はこう呼んだ鋼鉄ジーグ
ウィッチ
イップマン 継承
新感染 ファイナル・エクスプレス
2018年も面白い映画がたくさん観れますように!

JUGEMテーマ:映画


『ゾンビ』オフィシャル・マーチャンダイズ

ゾンビ

地獄が一杯にになると溢れた死者が地上を歩き出すんだ
遂に!この時がやってまいりました!テロファクトリーの『ゾンビ(1978年度作品/監督:ジョージ・A・ロメロ)』オフィシャル・マーチャンダイズ

『ゾンビ』『ZOMBIE』Tシャツが正統派ビジュアルで二種類! カレンダーは正真正銘2018年の暦です。
DIRECTED BY GEORGE A. ROMERO(1940-2017)

今回、たくさんの方にお届けしたいので、デザインにテロファクトリーのロゴすら入れておりません!
今回の反響次第で、第二弾、三弾とTシャツ以外のグッズも考えていますので、よろしくお願いいたします!

© 1978 THE MKR GROUP INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ゾンビ』オフィシャル・マーチャンダイズ

JUGEMテーマ:映画


TCM2 ファイルバッグ

悪魔のいけにえ2

『悪魔のいけにえ』

悪魔のいけにえ


有難うございました!一生、観続けます!
トビー・フーパー(1943年1月25日 - 2017年8月26日)

JUGEMテーマ:映画


<< | 2/104PAGES | >>