calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド



観ました。お金払って。



まさに…感情が限りなくゼロになりました。「もう早く終わって」とも思わない。ただ単に騒音と映像が目の前で流れているだけでした。
相変わらず音楽の使い方もダサい(戦闘シーンになると変なハードロックみたいなのが流れ出す)、特撮もこんなウルトラマンだったら観たくない、というか本気で「シン・ゴジラ」も心配になってきました。
あと、前編から劇中に出てくる家畜だの主だの壁の中だの外だの翔べだの、言いたいことがあるのかもしれませんが、そこから「でも、やるんだよ!」という精神は1ミリも感じることができませんでした。
専門的なことはわかりませんが、各分野のプロフェッショナルが集まって、監督一人が完成まで誰にも観せずに作ることは無い筈なのに、何故、こんな映画が出来たのか?誰が納得したのか?映画自体には興味はないですが、そこにはとても興味があります。

JUGEMテーマ:映画

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック