calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

10月のライブ

10月です。今年もあと3ヶ月しかありません。なんだか笑えてきますが、INNER TERRESTRIALS来日です!
テロファクトリーでは、毎日絶賛再生中です。

punk

2012/10/8(月/祝日)at 心斎橋KING COBRA

INNER TERRESTRIALS(UK)
TURTLE ISLAND
DISGUST
GOUM
FRAMTID

DJ
SHIGA-CHANG

OPEN 17:30/START 18:00
CHARGE ¥2000+1Drink

info(at)king-cobra.net

punk

10月31日 水曜日@KINGCOBRA

S.H.I.
RAPES
BALZAC

DJ
TAIKI(black veil)
SHIGA-CHANG
MINAMI

open 18:00 start19:00
ADV2000 DOOR2500

24日にはzepp osakaで、スレイヤーの単独公演がありますね!(大阪、名古屋のみ!)チケット、8000円もしますけど・・・

666 フィーバー

6/6、パンク界隈ではAKB48総選挙よりも盛り上がったハズ、先日のZOUOのBOXセットの予約開始、おかげ様でこのブログもアクセス数が3倍!検索ワードも全て「black lodge 666 zouo box 予約」に塗り替えられました!
さすがの注目度!予約完了〜商品発送まで暫くありますが、生きる楽しみ目標があるというのは素晴らしいと思います!

ZOUO BOX SET 予約開始

話題騒然!いよいよ本日、6月6日午後6時(666)より限定666セット、6666円で、予約開始です!
今回、http://www.blacklodge666.com からのみの販売ですが、そのサイト作成のお手伝いさせて頂きました。

BLACK LODGE ZOUO 666

NEVER TRUST LAUGHIN'NOSE

NEVER TRUST LAUGHINNOSE

出ました!ラフィンのトリビュート。言うまでもなく素晴らしいです!!
最初にラフィンを聞いたのは、中学生の時。もう既にメジャーデビューしていて、インディー時代の音源を聴いたのは後追いで、勿論、後はリアルタイムで追っかけてました。
事故があった後『MEAT MARKET』で復帰したとき、長嶋温泉(現・長嶋スパーランド)でフェスみたいなイベントにレピッシュ観に行ったら、シークレットでラフィンが登場して感激しました。当時、チャーミー(敬称略)は、ずーっと黒のバンダナで黒のロングコート着てたと記憶してます。
中部地方だけだと思うんですが「5時SATマガジン」という大竹まことの番組で、当時、夜ヒット出る前のブルーハーツとか毎週バンドがゲストで呼ばれてて、出演以来、意気投合したというチャーミーと大竹まことが名古屋駅の地下歩いてるの見た時は興奮しました。
その後、ハウスやったりメンバーの入れ替えあったりしたんですが、インディーに戻っても姿勢を崩さずで、何より見た目がずーっとパンクスなのがカッコいいです。

V.A『NEVER TRUST LAUGHIN'NOSE

発売日 : 2012年5月15日
品番 : MCR-263
価格 : ¥2100(Tax in)

【収録バンド / 収録曲】
THE VICKERS / RUSSIAN ROULETTE
LUCY & THE LIPSTIX / SOS
HABI PROJECT / NO WAR
HAT TRICKERS / ダウンタウンにむかって
SLANG / SCENE DEATH
THE TELEPATHYS / LONDON NIGHT
AXEWIELD / 警告 WARNING
イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ / PARADISE
SOUTH MONSTER AND POWER / R&R DESIRE
C.F.D.L. / HELL HOME
ENSLAVE / 聖者が街にやって来る
SYSTEM FUCKER / CRASH ST RULES
YUMIKES and the ZYA'NOSE / LAUGHIN' ROLL
LAUGHIN' NOSE OSAKA SUPPORTER / GET THE GLORY
ORIGIN OF (M) / I CAN'T TRUST A WOMAN

the KNOCKERS/BAD DIRTY HATE/COMIX-piranha CD

ピラニア

素晴らしい!!
こんな感覚は久々で、毎日、事務所にいる間は繰り返し聴いてます。歌詞カード見ながら。
所謂エクストリームな音楽は好きな人だけ聴けばいいと思うんですが、このアルバムは全ての人に推薦出来ます。
薄っぺらくて「音楽に救われた」とか言う人の気がしれませんが、やってやるぜ!という気になります。同時にこのままじゃ終わらないぜ!という気にもなります。
只今、全国ツアー中!早速、見逃して後悔していますが、札幌のthe KNOCKERSCOMIX、覚えた!

the KNOCKERS/BAD DIRTY HATE/COMIX-piranha CD

ザ・スターリン復活ワンマンライブ

行って参りました!ザ・スターリン復活ワンマンライブ@キングコブラ。
チケット発売日に購入したので整理番号も早く、スムーズ入場。年甲斐も無く最前列付近を確保。トリビュート(?)カヴァーのSEが流れるなか、いつまで経ってもメンバーが登場しない。痺れを切らした観客から爆竹での催促と「スターリン!」コールに怒声。これでお膳立てはバッチリ。
ライブが始まる前、ミチロウより、先日無くなったギタリスト、タム氏への黙祷の呼びかけ。目を瞑っているとサイレンが鳴り響き、ボンベ噴射でライブスタート!!曲順とか失念してしまいましたが、ベスト・オブ・ベストというべきリスト。あの曲もあの曲も、怒濤のオンパレード。当初「ザ・スターリン」名義での復活ということで噂されてた、オープニングの爆竹同様、豚の顔面パフォーマンス、臓物投げもあり、ラスト(音が途切れて残念)「バキューム」まで、それはそれは齢60歳とは思えない肉体の扇動者ここにあり。
もしかしたら、パンク、悪趣味、耽美、アングラ、ギャク、嘲笑等々、僕の好きな物全てが詰まっているかもしれない・・・
1回目のアンコールは「虫」「仰げば尊し(!)」、ミチロウの「仰げば尊し」は、シド・ヴィシャスの「My Way」よりカッコいい!!
そして、2回目のアンコールは、ミチロウひとり、アコースティックによるタム氏への演奏。この日、唯一知らなかった曲だけれど、既に酷い耳鳴りのなか、聞き取れた歌詞だけでも素晴らしかった。
ノスタルジーを差し引いても、文句無しに最高のライブでした。終演後、どこかのパンクスが「心に刻んだ!一生の思い出にするぞ!」と叫んでいたけれど、ホントにそう思いました。

DESTROY WORLD〜鉄男 THE BULLET MAN 公開記念ライブ〜

鉄男 THE BULLET MAN

http://www.onzi-eme.com/event/201006/455

遂に開催です!!

世界的代表作「鉄男」(89年)から20年―2010年「鉄男 THE BULLET MAN」の公開を記念して、塚本晋也監督/鉄男に共振した関西の異端が集結し、OSAKAの夜が爆音に包まれる。

[LINEUP]
GUEST ACT:DJ GUM-TAPE(MONGOL 800)
LIVE:SOLMANIA , ざxこxば , ナンバウテン , cavilll(ヨシカワショウゴ) , OVe-NaXx
ACT:RIE LAMBDOLL(CROSSBRED) , Robi Zombie(赤犬) , YOSIWOW(赤犬) , NATTSU(Chop Stick Tatto)
DECO:Guido(GEARHEAD ART STUDIO)
VJ:DRYEYES , RKP

[INFORMATION]
2010年6月3日 (木) 21:00〜
DOOR:2000yen 1D/with flyer 500yen OFF ( 映画「鉄男 -THE BULLET MAN-」のチケットの半券をお持ちの方は、1000yen 1Dで、ご入場いただけます。)

http://www.onzi-eme.com

[協力:バクトオーサカ]
名村造船所跡地にて開催された「バクトオーサカ 2008」は約二千人の動員を記録し、いきなり関西モンスターフェスへと生まれ変わった。そして遂に今年、大阪第2回目となる『バクトオーサカ2010』が開催される!
http://www.bakuto-osaka.com

http://tetsuo-project.jp

[タイアップTシャツ]
http://www.terrorfactory.net

■SOLMANIA
SOLMANIA ソルマニア:
大野 雅彦 Masahiko Ohno : GUITAR
飛龍 克己 Katsumi Hiryu : GUITAR

1984年7月、大野のソロ・プロジェクトとして活動を開始。ライブ演奏を開始したのは88年からで、ドラム、ギターを含むバンド形式から、自作楽器の制作、大型アンプの4チャンネル/サラウンド・システムの使用を経て、改造ギターによるソロ演奏に至る。その後も何人かのゲストとの共演もあったが、現在は大野ともう一人のギタリスト・飛龍克己(元OUTO、 CITY INDIAN)とのデュオとなっている。

■RIE LAMBDOLL
数多くの名義を使い分け大阪を拠点に10年以上活動を続けているミュージシャン、シンガー、絵描き。

■Guido Saldana
世界各国に滞在し、多方面において特殊な職務経験を積み上げてきたメタルアーティスト。多文化、多言語に精通し、既成概念に囚われない柔軟な発想で創作物を手がけている。
大型構造物、ショップや家屋のエクステリア、インテリアなどの空間のデザイン製作、家具や什器はもちろんのこと、衣服のデザイン縫製やバックなどの革製品繊細なジュエリー製作に到るまで器用ににこなす。

Psychic TV/PTV3 Hell Is Invisible...Heaven Is Her/e

Hell Is Invisible...Heaven Is Here

ロックン・ロール!復活でしょうか?知らない間に去年、新譜を出してました。実験的要素は無し!

>ジェネPいわく「21世紀のピンク・フロイド『狂気』」。
仰るとおり、脳内から両耳に何かが流れ出ます。

Psychic TV/Hell Is Invisible...Heaven Is Here

貧乏ゆすりのリズムに乗って/GAUZE

貧乏ゆすりのリズムに乗って/GAUZE

背筋がピーンっ!


M.I.A/KALA

カラ KALA

何となくM.I.A遭遇率が高くて嬉しい昨今、前回の来日ライブも文句無しの内容だったので、今回の来日も子供を預けてでも行く覚悟です。
ビックリマンチョコのようなジャケットからして最高ですが、森羅万象チョコのような内容も勿論最高です。嗚呼M.I.A・・・

M.I.A/KALA

| 1/3PAGES | >>